シミュレーション開発/ 事業詳細: 革新的なモデルベース開発

品質の向上とコスト削減をサポートするモデルベース開発&サポート NDRがコンサルティング & サポート

モデルベース開発

近年、自動車のECU開発など制御系を含む様々な開発に「モデルベース開発(MBD)」という革新的な手法を取り入れることが主流となってきています。NDRでは早くからこのMBDに着目し、お客様のご要望にお応えして開発に取り組んできました。組込み製品開発における各プロセスと開発フェーズでシミュレーションを積極的に取り込むことで大幅な効率化を図り、品質の向上とコストの削減をサポートします。

モデルベース開発によるメリット

設 計仕様の妥当性を確認できる
  • 仕様を数式のブロックを組み合わせて表現する(モデリング)
  • そのモデルをシミュレーションすることによって、実機がなくても理論上の動作確認ができる
要件定義/設計の時に、試験段階でしか気付けなかった問題点を早期に発見できるようになる
開 発コーディングの妥当性を確認できる
  • 設計で作成したモデルから正確なコードを自動生成できる
  • そのコードをシミュレーションすることにより、実機がなくても理論上の動作確認ができる
開発の時に、試験段階でしか気付けなかった問題点を早期に発見できるようになる
試 験実機動作の妥当性を確認できる
  • 設計時に作成したモデルを再利用することができる
  • 実機による動作確認の時に、シミュレーション結果と比較することができる
試験の時に、検査環境構築が容易になり、実機の問題か仕様の問題かの切り分けも容易になる
モデルベース開発の導入で、問題点の早期発見により、手戻りの低減に繋がります。
N D R が制御系設計と実装環境を連携して、最適な環境構築のお手伝いをさせて頂きます。

モデルベース開発実演デモのご案内

M B D 適用例 教育用シングルボードコンピュータとして有名なRaspberryPi と自動車業界で標準的なMATLAB、Simulink 環境でのモデルを使った制御システム

CPU クーラー CPU 温度に合わせてファンを制御 ● 保持するCPU 温度を指定可能 ● CPU 温度取得カスタムブロックを作成 ● 標準ブロックでPID 制御 ● PWM カスタムブロックを作成
ピン球ファン制御 ピン球の位置情報に合わせてファンを制御 ● ピン球を停止させる位置を指定可能 ● 位置検出用のカスタムブロックを作成 ● 標準ブロックでPID 制御 ● PWM カスタムブロックを流用(CPU クーラー)
カメラで「もの」認識 モデル記述だけでカメラ映像上の物体を認識 ● OpenCV ライブラリとSimulink モデルの連携 ● OpenCV ライブラリ用カスタムブロックを作成 ● シミュレーションと実機で同じモデルを実行可能 ● 認識した「もの」の位置情報を出力できる
サーボモーター制御 物体の位置情報に合わせてサーボモーターを制御 ピン球ファン制御 ピン球の位置情報に合わせてファンを制御 ● ピン球を停止させる位置を指定可能 ● 位置検出用のカスタムブロックを作成 ● 標準ブロックでPID 制御 ● PWM カスタムブロックを流用(CPU クーラー)

MBD 導入をお考えの企業さまへ ※ まずは下記へご連絡ください。御社へ適用例のご説明にお伺いさせていただきます。

お問い合わせ TEL.06-6539-2111 FAX.06-6539-3400 URL: http://www.ndr.co.jp/ Mail: info-ndr@ndr.co.jp


↑