ハードウェア マスター IP

日本発、Ether CAT マスター IP ソフトウェア負荷を大幅に低減する、高性能SoC FPGA 用 IP が誕生。

組み込み開発

ポーティング+アプリケーション

産業・民生機器 /設備

項 目 内 容備 考
通信プロトコルEtherCAT (IEC 61158-3/4/5/6-12)
(CoE (CANopen Over EtherCAT) 対応)
CoE 以外のメールボックス機能は未対応です UDP EtherCAT communication 未対応です
伝送速度100Mbps (100BASE-TX) AUTO MDIX 対応
通信ポート数2 ポートメイン用 1 ポート/冗長用 1 ポート
プロセス通信周期62.5μs ~ 65,535μsただし、データ数、スレーブ数によります
メールボックススレーブ数分同一スレーブに対し、メールボックス要求中に、別メールボックス要求はできません
最大スレーブ数230 スレーブ (但し、トータルプロセスデータ数 入出力各 Max.3KByte)データ数およびスレーブの対応コマンドにより、230 スレーブ接続できない場合があります
機能・パケット自動生成機能
・プロセス通信 (定周期通信) 機能
・メールボックス通信機能
・再送機能
・割込機能 (メールボックス受信・アラーム要因等)
・ウォッチドッグ機能
・高精度時刻同期 (Distributed Clock) 機能
・冗長化機能
・ハードウェア非常停止機能
・データグラム切り替え機能

再送機能は、独自の追加機能です
  • EtherCAT は、ドイツ Beckhoff Automation Gmbh によるライセンスされた特許取得済みであり登録商標です。
  • ハードウェア EtherCAT MASTER Core に関するハードウェア、ソフトウェアの各権利は株式会社日立産機システムに帰属します。