ホーム CAE ソリューション 数々なシミュレーション開発支援
シミュレーション開発/事業詳細:数々なシミュレーション開発支援

実機環境を知るNDRだからこそ可能なシミュレーター開発のサポート

シミュレーター開発

現在、自動車分野の開発プロセスで主流となっているV字モデルの各工程で様々なシミュレーターが活用されており、開発期間の短縮・製品品質の向上に貢献しています。弊社では、V字モデル(あるいはW字モデル)の各工程で使用されるMILS、SILS、PILS、HILS、RP等シミュレーターの開発支援と、その他、自動車分野だけでなく、複合機(MFP)に関するシミュレーターの開発支援も行っています。

MILSシステム開発支援

MILS(Model In the Loop Simulation)とは、Simulink上で制御対象機器(プラント)と制御機器(コントローラー)をモデルとして作成し、プラントとコントローラー間のフィードバック制御をモデル上でシミュレーションします。これにより、実機が無くても制御の開発・検証を行うことが出来る先進のシステムです。
弊社ではこのMILSシステムの開発支援に力を発揮する豊富な実績とノウハウがあります。

開発実績

開発言語 : C#、C++、C、スクリプト(MATLAB mファイル)
開発ツール : MATLAB/Simulink、Simulink Coder(旧Real-Time Workshop)、Visual Studio
関連キーワード : Simulinkカスタムブロック、S-Function、WC

SILSシステム開発支援

SILS(Software In the Loop Simulation)とは、制御対象機器(プラント)をSimulink上のモデル、制御機器(コントローラー)をCソースなどのソフトウェアで記述しシミュレーションを行うシステムです。

開発実績

開発言語 : C++、C
開発ツール : MATLAB/Simulink、Simulink Coder(旧Real-Time Workshop)、Visual Studio
関連キーワード : 仮想I/Oボード、コントローラ周辺回路仮想化、S-Function、Simulinkカスタムブロック

ラピッドプロトタイピングシステム モデル連携開発支援

ラピッドプロトタイピングとは、MATLAB/Simulink上で作成したモデルを試作版ハードウェアに搭載し、実際の制御対象機器(センサーやアクチュエーター等)を接続して動作検証を行う開発手法です。
弊社ではラピッドプロトタイピングシステムの開発支援を行っていますが、主にSimulinkモデルと試作版ハードウェアとの接続ツール、Simulink Coderによるモデルの自動コード生成カスタマイズ等の開発を行っています。

開発実績

開発言語: C++、C
開発ツール: MATLAB/Simulink、Simulink Coder(旧Real-Time Workshop)、Visual Studio
関連キーワード : MATLAB TLC、MATLAB TMF

HILSシステム開発支援

HILS(Hardware In the Loop Simulation)とは、制御対象機器(プラント)をシミュレーターとして用意し、制御機器(コントローラー)は実機を用いてシミュレーションを行うシステムです。実機に近い環境で開発・検証を行うことが可能です。

開発実績

開発言語: C++、C、アセンブラ
開発ツール: gcc、Renesas HEW、Xilinx ISE/EDK
開発I/Oボード: AD/DA、DI/DO、汎用パルス入出力、エンジンパルス、CAN、LIN、シリアル、モーター、昇降圧
関連キーワード: PIO、DMA、PCI、PCIe、マルチコア

MFP(複合機)シミュレーター開発支援

弊社ではMFPの搬送経路を机上検討するためのシミュレーター開発の支援のうち、主にシミュレーター制御GUI、パラメーター設定ツール、シミュレーション結果表示・検証ツールの開発を行っています。

開発実績

開発言語: C++、Python、VBA
開発ツール: Visual Studio、Excel
関連キーワード: 搬送路、ヒーター、モーター、位置センサー