ハードウェア開発/ 事業詳細: 基板の海外製造

NDR グループで安心した基板の海外製造を実現

基板の海外製造について

基板を海外で製造することによってコストを抑えることができますが、さらに基板の単価を下げるためにも、
グローバル調達と合わせていくべきです。しかし基板を海外で製造する上では、下記のような問題点が発生します。

基板の海外製造の問題点

自社で海外製造を行うためには、下記のようないくつもの大きな壁があり、時間と労力が必要となります。

1
依頼内容を上手く伝えられない

言葉の壁はもちろん、専門用語などを交えての依頼内容を説明する必要が
あるため、ミスコミュニケーションが発生し、思っていたものと違う基板
が出来上がることが多い

2
仕事の考え方が違う

日本:間違った箇所などがあれば、確認・修正して基板製造してくれる
海外:言われた仕様の通りに基板を製造
      →間違った仕様だったとしてもそのまま基板を製造してしまう

10
国内部品の調達・支給が手間

国内部品の調達や支給を行う場合、海外輸送の手間が発生し、場合によっては正確に届かない事もあり得ます

NDR ならではの海外製造のメリット
弊社では日本国内のNDRがお客様の窓口となり、弊社から子会社を通じて基板の製造を行うことによって上記の問題はすべて解消します。安心した基板の海外製造を実現


↑